お金

金価格 7,000円突破

金の価格が、1gあたり7,000円を突破しましたね。国内の小売指標価格としては初の7,000円突破だそうです。需要の高まりを感じさせます。

やはり、コロナの影響が大きいんでしょうか。コロナの第2波が起きつつありますし。(金が長期の不況に強いとされているのも一因だと思います。)

ちなみに金の価格ですが、昨年12月の時点で小売価格5,200円前後です。そう考えると値上がりが続いていますね(*´∀`*)

この後、どうなるのかも見ていこうと思います。